ニーズに合わせて選ぶ

男性と女性

コミュニケーションツール

企業内における新たなコミュニケーションツールとしてビジネスチャットが注目されています。それぞれの業務に忙しい中で、時間や場所を決めて会議室に集まる必要がなくなり、必要な時に必要な事柄を確認し合ったり、その場で問題解決ができるほか、一定の時間にみんながチャットに参加してディスカッションも可能です。自席で他の仕事を行いながら会議に参加できるほか、外出先でも場所を問わず、パソコンやタブレットなどを使って参加することも可能です。もっとも、様々なビジネスチャットシステムが登場していますので、機能やできること、操作性などを比較し、企業の環境や業務のニーズにマッチしたビジネスチャットシステムを導入するのがベストです。たとえば、チャット機能以外にタスク管理やスケジュール管理などができたほうがいいかや、従来のメール機能も融合させられるタイプがいいのかや、文字によるチャットだけでなく、画像やファイル添付ができる機能が欲しいかも比較をしましょう。また、社内LANのみで利用するのか、社外ともビジネスチャットを行いたいかも比較をしておきたい機能として重要です。社内LANが繋がっていない営業所やサテライトオフィスなどがあるケースや、他企業や協力会社などとのプロジェクト進行に役立てたいケースの場合には社外とのビジネスチャットができるタイプが求められます。機能とともに導入コストや保守点検のコストなども比較し、企業にマッチしたものを選びましょう。