スムーズな予定調整と管理

社内

個人から部署まで一覧確認

チームや部署、部門全体や企業全体に至るまで、業務に関わるメンバーのスケジュール管理を容易にしてくれるのがグループスケジュールのツールやシステムです。インターネットを使ったクラウド上や社内で導入したシステムを使って、効率的にメンバー間のスケジュール管理ができるようになります。グループスケジュールを利用すれば、個々人の日程や先の予定の登録ができるとともに、一定のメンバーでの会議スケジュールや重要なイベントなどを必要なメンバーで設定管理がスムーズにできるようになります。メンバー各人のスケジュールが一覧で確認できるので、会議の日程を決めたい際は参加を求めるメンバーが空いている日時を先取りして抑えるとともに、会議室などの場所も同時に確保する機能もついています。大きな職場では会議室も先着順で予約する必要がありますが、会議室の予約をしつつ、メンバーにもこの日時に会議があることを知らせて、他の予定を入れないよう注意喚起ができます。上司や同僚、同じチームのメンバーは他のメンバーがいつ何処で何をしているかが分かりやすく、営業で外回りをしたり、商談に出向くメンバーの状況確認や研修会やセミナーへの出席から、有休休暇の取得予定もグループスケジュールを見れば分かるようになります。突然の病欠などを除けば、誰がいつ何処でどんな業務をしているかや、いつ休むのかが分かりやすいので、会議の日程調整や一緒に商談に行く、上司やチームで来客対応をするといったこともスムーズに日程調整ができるようになります。中には出張時の経費精算までグループスケジュールのソフトウェア上からできる機能がついているタイプもあります。